ヴィッツGRスポーツ”GR”ってどうなの?

ヴィッツGRスポーツ”GR”の購入を決めたフェルさんのお話です。

ヴィッツGRスポーツ”GR”って速いの?

この手の車では、速い遅いは気になる所ですが、

筑波のラップタイム等比較すると同等クラスの中で特に遅いという事は無さそうです。

 

※当サイトで言及する同クラスとは同一排気量の車両です。

一例は、マーチ、フィット、デミオ等で排気量が1.5ℓの車両を指します。

スイスポは排気量が1.4ℓであるもののターボ車なので、2.4ℓ車相当と見なし除外します。競技規定参考。

 

そもそも、ヴィッツのGsやRSが同クラス内で劣っている訳では無く、

ヴィッツGRも殆ど同じ為、特に劣る理由はありません。

 変わって居ないというのもどうなのか?と思いますが・・・。

 

ヴィッツGRは剛性アップや装備が増えている為、車両重量が増えています。

反面、シャシー性能が向上しているため、コーナリング速度は高い様です。

  

ちょっとだけ、全開加速してみましたが、

うーん・・・踏み込んでも思った以上に加速して行かない様な・・・。

スルスルと走ってる様な。

エンジンはスムーズに回りますがモリモリ感が無く、

ぐいぐい来る感じがありません。

感覚なので擬音で表現しましたが、試乗してみると表現はご理解頂けるかと・・(笑)

 

ヴィッツはブレーキ踏んだら負け・・という格言は正しいのかも。

パワーが無いとは言っていますが、

ワインディングを流して走る分には問題ない走行性能で、

コーナリング速度は抜群に速く、直線加速では圧倒的に遅い、そんな感じです。

 あの車の様に下りが速いんです!きっと。(笑)

 

 

追伸

TRCを解除するとエンジンレスポンスが上がる様な気がします。

通常はTRC制御が入り、エンジンレスポンスを落としているのかもしれません。

本件は、後日、検証します。