ヴィッツGRスポーツ”GR”ってどうなの?

ヴィッツGRスポーツ”GR”の購入を決めたフェルさんのお話です。

ヴィッツGRスポーツ”GR”って割高じゃない?

最近、youtubeでクラッシュ動画見てサーキットって怖いなってビビってます・・・フェルです(笑)。

昔サーキットを走ってましたけど、相変わらず怖い場所の様です。

 

注文後ですが・・・

見積みてると、ヴィッツGRは高いよな・・・って思ったりします。

 

ヴィッツの一番安いグレード比較で約2倍の価格です。

 

価格的と方向性が比較的似通った・・・スイフトスポーツとどの位違いがあるか見てみることにしました。

ヴィッツGRは簡易装備のモデルが無い為、スイスポに同等の装備を施した場合で比較してみました。

 

まず、ヴィッツGR

車体価格 2,303,640円(税込み)

ダンパー(ザックス)

LEDヘッドライト

フォグライト

スマートエントリー

オートエアコン

自動ブレーキ※1

トラクションコントロール※1

横滑り防止装置※1

スポーツタイプシート

ヘリカルLSD

※1 TSS-Cに付随 トヨタセーフティセンスC

 

では、スイスポ。

車体価格 1,924,400円(税込み)※セフティーパッケージ

ダンパー(モンロー)

LEDヘッドライト

フォグライト

スマートエントリー

オートエアコン

自動ブレーキ

トラクションコントロール

横滑り防止装置

スポーツタイプシート+★シートヒータ付き

★サイドエアバック

★クルーズコントロール

そして、★エンジンパワー+30馬力

 

”★はヴィッツGRより増えている装備”

 

うーん・・・。

カタログでヴィッツGR完全に負けてますな。

ヴィッツGRはLSDが装備されている所は評価できます。

 

シートの質感や、外装の造りはヴィッツGRの方が上級な造り。

触れる部分はヴィッツGR頑張っています。

とはいえ、スイフトも悪い訳ではありません。

 

実際の車の味付けは、

ヴィッツGRの方が動力性能で劣るものの、スポーツ寄りのセッティング。

スイフトは動力性能で差を付けるものの、もう少し街乗り重視のセッティング。

 

一般的なユーザーはLSDが必要な乗り方をしませんし、サスペンションが硬いのも嬉しくないので、スイスポが良いとこを突いている様な気がします。

 

割高に感じさせてしまう車両価格の要因は、大きく3点と思います。

①スポーツ性能が高いダンパーを奢っている所

②シート表皮に良い生地を使っている所

③追加で車両の剛性をアップしている所

 

GRは数値で表しにくい感応的な部分に拘っている様なのです。

 

つまる所、

GRの狙いがクラストップの動力性能を求めている訳ではなく、走りの質を高めましょうという事なんだと思います。

実際、走りの質感は高い!ですよ。

感性が高い方は是非、ヴィッツGRを検討してみてください!

 

そして、全てが素晴らしい!

と言いたかった所ですが・・・

トランスミッションのシンクロ容量不足、エンジントルクの不足、そしてインフォメーションディスプレイ(今の車なら当たり前の機能)が無い。

 そこは残念なポイント。

感性にはマイナスか?(笑)

 

まぁ、不満箇所はありますが・・・

実際の乗り味は抜群に良いですよ。

ブレーキングからのターンインがすごくスムーズです。

 

まとめると、ヴィッツGRの完成度は流石と言えるレベルにはありますが、本命は次期ヤリスなんだろうな・・・って思えてしまいます。

まだ、2年近くありますから、まだまだ現役ですけどね。