ヴィッツGRスポーツ”GR”ってどうなの?

ヴィッツGRスポーツ”GR”の購入を決めたフェルさんのお話です。

ヴィッツGRスポーツ”GR”納車されました!②

あんまり、

出発しないのでディーラーの店員さんが、大丈夫?って顔をしてます。

 

今、出しますw

 

キュンキュン ぶるんー

お、久しぶりに聞くセルの音。

 

オーリスRSは直噴の為か、一発始動だったのでセルの音の印象がありません・・。

 

ギアを1速へ入れて走り出します。

クラッチの感じはまぁ、こんなもんかな。悪くはない・・・良くもないw

エンジンは・・・トルク無いなw 軽い。

 

その時、ちょっと、気付いたのは、

1速で引っ張って、クラッチを切るとエンジンから変な振動がでるみたい。

なんだろう・・・点火のタイミングとかズレるのか?

そこは、致命的な程でも無いので、追々、考えます。

 

あと・・・

ステリング効かない!舵角が2割くらい少ない感じがする。これは、思った以上w

 

ディーラーから通りに出る時にちょっとびっくり。

車両が小さいので、慣れれば問題ないかとも思うけど。

 

ボデー補強の効果の剛性感。

乗った感じはオーリスと変わらない。捩じりはオーリスより高い気がする。

断言できる程では無いので、ゆっくり走るなら剛性に少々差があっても関係ないのかも。元々、オーリスRSは剛性が高い車だからかもしれないが・・。

 

 

明らかに異なるのはサスは思った以上に硬い事。

トヨタってもっと柔らかいイメージなので、ノーマルでこの硬さは珍しい。

オーリスRSは柔らかめの足だった。

 

ヴィッツは若干ごつごつ感が在る為、路面が悪いとちょっと不快かな。

新車が痛む・・・的な?(笑)

f:id:fellfell:20180212210025j:plain

我慢出来ない無理!という感じでは無いですけどね。

ヴィッツならではの普段使いで問題ない無難なユーティリティと硬めの足回り。

これで、サーキットを楽しく走れたらいい車だよね。

色々に使える万能なスポーティーカー。

 

サーキットを試したときはまた記事書きます。

お楽しみに。