ヴィッツGRスポーツ”GR”ってどうなの?

ヴィッツGRスポーツ”GR”の購入を決めたフェルさんのお話です。

ヴィッツGRスポーツ”GR”納車されました!②

オーリスRSからヴィッツGRへ。

納車されて、ディーラーを出発する所です。

 

あまりにも出発しないのでディーラーの店員さんが、大丈夫?

って顔をしてます。

感触を確認していたら夢中になってしまいました。

 

「今、出しますw」

 

キュンキュン ぶるんー

お、久しぶりに聞くセルの音。

 

オーリスRSは直噴の為か、一発始動だったのでセルの音の印象がありません・・。

 ちょっと、レシプロ感というか、昭和感というか(笑)

コンベとしては普通の事なんですが、実感が沸かないんです。

 

さて、

ギアを1速へ入れて走り出します。

クラッチの感じはまぁ、こんなもんかな。悪くはない・・・良くもないw

機械的な滑らかさに欠ける感じでしょうか。オーリスRSに遠く及びません。

 

エンジンは・・・トルク無いなw でも車体が軽い。

スルスル走る。

 

その時、ちょっと、気付いたのは、

1速で引っ張って、クラッチを切るとエンジンから変な振動がでるみたい。

なんだろう・・・点火のタイミングとかズレるのか?

そこは、致命的な程でも無いので、追々、考えます。

 

あと・・・

ステリング効かない!舵角が2割くらい少ない感じがする。

これは、思った以上w

 

ディーラーから通りに出る時にちょっとびっくり。

車両が小さいので、慣れれば問題ないかとも思うけど。

 

ボデー補強の効果の剛性感については、乗った感じはオーリスと変わらない。

捩じりは圧倒的にヴィッツGRは捻じれない。

サーキットのコーナリング性能はヴィッツGRが圧倒する筈です。

 

オーリスRSは段差を乗り越える時、異相の場合、すごく捩れます。

縦横の剛性が高いので、顕著に感じてしまうのでしょう。

 

オーリスRSと明らかに異なるのはサスが思った以上に硬い事。

トヨタってもっと柔らかいイメージなので、ノーマルでこの硬さは珍しい。

オーリスRSは柔らかめの足だった。

 

ヴィッツは若干ごつごつ感が在る為、路面が悪いとちょっと不快かな。

新車が痛む・・・的な?(笑)

f:id:fellfell:20180212210025j:plain

お客様目線で言っても我慢出来ない無理!という感じでは無い筈です。

ちなみに、自分は競技用の足回りを使っていた経験があるので、

こんなの程度はへっちゃらです。

 

ヴィッツならではの普段使いで問題ない無難なユーティリティと硬めの足回り。

これで、サーキットを楽しく走れたらいい車だよね。

色々に使える万能なスポーティーカー。

車体も小さいし、デザインに賛否両論あるけど纏まってる。

 

これからのカーライフが愉しみです。

 

車両の性能を試すのにサーキットを走ってみようと思ってます。

その時は記事にしますのでお楽しみに。