ヴィッツGRスポーツ”GR”ってどうなの?

ヴィッツGRスポーツ”GR”の購入を決めたフェルさんのお話です。

ヴィッツGRスポーツ“GR”の純正 POTENZA RE050

サーキットへ行くぞ!と言いつつまだ行けていないので、

口だけじゃん!って感じになってきました。

 

これから暑い季節で、サーキット走行は厳しい季節なんですけどね。

 

そんななか、やっぱり、タイヤ選びは気になる所です。

折角なら走りに拘ったモデルには、

それなりのグリップがあるタイヤを選びたいところです。

 

ヴィッツGRは標準でブリヂストンPOTENZA-RE050が装備されています。

車格的に贅沢な気もしますが・・。

 

このタイヤはグリップと、静粛性、ウェットグリップのバランスが取れたタイヤです。

純正タイヤの中でも高性能なタイヤです。

スポーツ車に多く採用されていますが、グリップ重視という訳では無く、

コンパウンドは柔らかめで乗り心地が良く、普段使いで問題はありません。

 その代わりに減りが早いそうです。

 

純正ながらグリップも十分あり、ワインディングを流す様な走り方に向いていると思います。万が一、タイヤが滑り出しても、急激な挙動が出ないので誰にでも扱いやすいタイヤです。ここまでは、口コミ的な話。

 

お値段はヴィッツGRの標準サイズ205/45/17で一本 ¥37,476(定価税込み)

市販カタログに無いサイズなので、ヴィッツGR専用で、ディーラー専売のモデルではないかな?と思います。

よって、割引も期待できず・・・結構値が張るタイヤとなっています。

次も同じタイヤで!とはなり難いですね。

 

 

 値段は張りますが、万人向けでスポーツ車の純正にふさわしいタイヤだと思います。

初めは、リハビリ兼ねてこの純正のままで走ってみようと思っています。

 

ここから後日談

サーキット走ってきました。

グリップはかなり高いです。ヴィッツGRのパワーならそれこそ十分というパフォーマンスです。

若干、熱が入りやすく柔らかい印象です。すぐ垂れる訳ではありません。

耐摩耗性は低く、消耗が激しい様です。

左右に負荷を大きく掛けるとゴムが動いて熱が入る様なイメージです。

 

スポーツ走行にはスポーツ走行用のタイヤの方が良いのかなという気がします。

とにかく、柔らかい。

 

そんな感じです。