ヴィッツGRスポーツ”GR”ってどうなの?

ヴィッツGRスポーツ”GR”の購入を決めたフェルさんのお話です。

ヴィッツGRスポーツ“GR”の次期新型はどうなんだろう

ヴィッツの次期新型はどうなるのか予想してみました。

まず、ヴィッツの名前が消滅し、ヤリスと改名されるとの噂です。

グローバルに合わせて改名する流れの様です。

シャーシボデーは?

シャーシは待望の新型Bプラットホーム(TNGA化)組み合わされるエンジンは、新型エンジンが搭載される筈です。

トランスミッションもTNGA化されるので新型となり、新型のCプラットホームに搭載している物を流用するのかもしれません。

搭載されるとすればiMTの6速となる筈です。

拡幅され、3ナンバー化される可能性があると思います。ヴィッツGRでは、205サイズのタイヤを装着していますが、インナーの容量不足によりハンドルの切れ角は大幅に減らされています。

オーバーフェンダー化を行い、トレッドの拡大とハンドルの切れ角を確保する様な気がします。

 ※iMTとは、フリッピング機能を付加している新型のトランスミッションです。

 

サスペンション フロントストラット、リアトーションビームという一般的な構成のはずです。

 

搭載されるエンジンは?

GRモデルは恐らく、CH-Rやカローラに搭載されている1.2リッターターボが搭載となるのではないかと思います。

 

グレード構成は、

ベースグレードの1.0NA

ミドルグレードの1.0ターボ

HVグレードの1.5NA+HV

RSの1.5NA

 

RSは 1.5NAを新開発して搭載してくると思います。直噴化やバルブマチックを搭載し、115馬力とかそういう感じではないでしょうか。

新開発エンジンとシャシー軽量化に伴い、現行に比べて動力性能が一段改善されます。

 

ヴィッツGRは1.2ターボをブーストアップで搭載し、125馬力位を発生させるのではないでしょうか?これにより、ノーマルRSより一段上の性能を得る様になります。

 

まとめ

10年選手から最新に更新される訳ですので、

現行からの進化は凄いんじゃないかなーなんて思います。

特にGRは、クラス上のエンジン等を搭載して、ノーマルグレードとは明らかにスポーツ性が異なる様にしてくる筈です。

手間の掛かる持ち込み登録を廃止する事もあると思います。

GR用のグレードを設計から織り込みしてくるかもしれません。

 

いずれにしろ楽しみですね。