ヴィッツGRスポーツ”GR”ってどうなの?

ヴィッツGRスポーツ”GR”の購入を決めたフェルさんのお話です。

ヴィッツGRのサスペンション流用について。

ヴィッツGRにはザックスのダンパーが装着されています。良いサスペンションとはいえ純正品なので、コストダウンが図られた廉価品かなと思っていました。

 

でも、運転してみると、

このザックスダンパーの動き出しは良く減衰もしっかりしています。

それなりに部品精度が高そうです。動きにぎこちなさもありません。

社外のサスペンションは、速い突き上げに着いて行けず突っ張ってしまって、遅い動きには減衰が維持出来ずダラーっとストロークする様なものが多い様に感じます。

 

過去、競技用のサスペンションを作ってもらった物と動きが似ています。

バネレートは何倍も違いますが、動きの雰囲気は全く同じです。

 これは安物の足ではありません。

 

このサスペンションですが、部品としてディーラーで注文出来る部品です。

交換された方の記事では、GsのヴィッツにGR専用のザックス を入れたとの事でした。

お値段はなんと約26万円!交換工賃が含まれていたとしても、結構いい値段ですね。

 

まぁ、そのくらいの値段もありえるなというサスペンションです。

 

その方の話では性能はしっかりと出ている様で、ご満足されているとのことでした。

旧RS等でもNCP131型のヴィッツであれば流用が出来そうなので、流用の候補にしても良いかもしれません。

 

なんせトヨタ純正採用される足回りなので、耐久性は折り紙付きです。

トヨタの純正品は、耐久性に関する規定がありサスペンションは5年及び10万キロ保障となっています。取り寄せした部品が同様の保証となるかは不明ですが、耐久性は高いのです。

 

ザックスがあまりにも良いので、ヴィッツGRをご検討の方なら、”GR”を選んだ方が良いと思いますよ。

価格を比較すると・・・

ザックスダンパー装備のヴィッツGRとGRスポーツの価格差が約30万円です。

ここに、スマートエントリーや、17インチタイヤ、LSD、専用加飾(LEDビーム)、

リアフォグ、ボデー補強ブレース等が標準で装備されます。

オートエアコンとかも付くのかな。

 

 ヴィッツGRスポーツを安く買って改造するくらいなら、もう少し頑張ってGRを買った方がかなりお得かなと思います。

サスペンションだけ言えば、メーカーがお金を掛けてセッティングを出しています。

吊るしのサスペンションキットでは実現しない乗り味です。

 

これが”GR”かーというのを一度、体験してみてください。