ヴィッツGRスポーツ”GR”ってどうなの?

ヴィッツGRスポーツ”GR”の購入を決めたフェルさんのお話です。

北米ヴィッツは...

北米ヴィッツはデミオのOEMの様ですね。

元々、噂はあった話でしたが、本当にそうなるとは思いも寄りませんでした。

 

このOEMですが、外側をちょっと変更するくらいでしょ?と、簡単そうに見えます。

ですがそれなりに手間が掛かっています。

開発するより安いというだけです。

 

理由は、OEM先各社に基準があり、部品ひとつ一つ準拠する必要があるからです。

特にトヨタの基準は細かい※ので、マツダに無い基準を満足する必要があります。

※基準は細かければ良いという話ではありません。過剰な品質・規格はコスト面で不利になります。本当に必要な基準をしっかり守れば良いのです。

トヨタは販売台数が多い為、基準に取り込むきっかけとなったケース・スタディが多く、やりすぎとも思える基準があるのは事実です。

 

基準が異なる事や、図面の書き方等、トヨタ向けに新しく書き直す必要があります。承認図と言います。

それに合わせて、今まで設定していなかった部品基準や、組み付け基準を設定し、部品測定方法を決める必要があった筈です。

※マツダの内装は、基準設定が甘いです。

その為、組立は建付け管理が甘く、出来なりとなっているのが実態。

 

OEMは簡単そうで実はなかなか大変なんですよ。

 

でも、この様なOEMの話しを聞くと、トヨタの北米ヴィッツは実質的に撤退なんだなと分かります。

北米ヴィッツは旨味がないという事で、マツダへ移管し、空いたラインで別の車を生産するのでしょう。

デミオの方が現号北米ヴィッツより商品性が高いので、ユーザーに取って良い事だとは思います。また、品質よりコストパフォーマンスに重きを置くユーザーが多い車種なので、デミオの方向性は合っていると感じます。

 

ヤリスは欧州・国内向けはBプラットホームの頭出しとなるよなので、北米ヴィッツとは別車種となります。

こちらの方が気にはなります。