スバルR1に乗ってます 

ヴィッツGRスポーツ”GR”を降りて、訳あってスバルR1に乗り換えました。 初期型のグレードRです。スタイリングは今でも色褪せません。ただいま、近代化改修中!

スバルR1.MOD1 デフューザー風塗装を実施しました

今回はリアバンパーを塗装しました。

当初はソフト99工房の適当なブラックで塗装する予定でしたが、

ラバー塗装にグロスブラックがあったので挑戦してみる事にしました。

耐久性は半年?一年?位はあるとの事なので、

塗り直しの時は、キャンディーブラックで行きたいと思います。

 

剥がせるというのはすごく安心感があります。

いざとなれば、剥がせば良いので思いっきり塗装出来るのは精神的に楽ですね。

色があまり選べないのは難点ですが、黒はマットとグロスとあるので問題ありません。

そして、4本セットで買ったのですが、1本600円程度と破格です。1本単品買いよりかなりお得に購入できました。

 

塗り出しですが、粒子は粗い感じです。粘度も高い感じでベターっとする塗料です。

まぁ、流石ゴムといった所でしょうか。

4本もあるので、厚めに塗装してみました。

f:id:fellfell:20210625200202j:plain

ラバー塗装※グロスブラック

4回は塗ったのですが、グロス感はあまりありません・・・。

半光沢といった感じです。

悪くは無いですが、予想と違っていたのでちょっと残念です。

 

ネットの記事では、一回で厚めに塗らないと光沢が出ないとの事。

 

意外と、光沢を出して塗るのは難しい塗料の様です。

 

世の中のデフューザー塗装に関しては、

光沢あり、なし両方存在するので違和感がある訳ではありませんが、

光沢を出したかったと言うのが本音ではあります。

 

塗り直しが出来るので、耐久が尽きた時に詳細は考えます。

マット系の塗装ならラバー塗装はすごく良いと思います。

元がゴムなので艶無し感が良い感じで。

 

それに、失敗しても剥がせる塗料なので、思いっきり楽しめます。

車に塗料吹きかける事って普通はあまり無いので、

ラバー塗装は敷居が低いとても良い塗料だと思います。

 

厚塗りしたし、一年くらいは持ち堪えて欲しい所ですが・・。

 

良かったら、車のイメージチェンジ等、お試しに使ってみてはいががでしょうか?