スバルR1に乗ってます 

ヴィッツGRスポーツ”GR”を降りて、訳あってスバルR1に乗り換えました。 初期型のグレードRです。スタイリングは今でも色褪せません。ただいま、近代化改修中!

スバルR1.MOD1 インパネとAピラーを黒のアルカンターラ調にしました

最近のインパネは、ソフトパッドの使用や、革張りを行う等、プラスチック地肌というのは少なくなっています。地肌でも、シボ目が皮シボというのは旧型車の象徴です。

近年のシボは、柄シボで見た目にも面白い模様だったり、凝っている造形で安っぽさを感じさせません。

 

スバルR1は、皮シボで一番安っぽい造形を使用しています。

f:id:fellfell:20210927232938j:plain

インパネ皮シボ

車のプラスチックの定番シボ目です。

もう少し、高級感を出したいと思い、アルカンターラ調のシートを貼ってみました。

f:id:fellfell:20210927233847j:plain

アルカンターラ調ブラック

如何でしょうか。

一瞬、お?ってなりますね。やっぱり黒が映えます。

ピンクが鮮やかに見えます。スバルが内装を黒にしなかったのは何故でしょうね。

定番のグレーやアイボリーという扱い易い中間色にしてしまったのは残念です。

 

今後はドアトリムもアルカンターラ調シートを貼ります。

ただ、色はグレーにして変化を付けたいと思います。

 

一色で統一するのも良いのですが、色に変化があった方が面白いと思います。

もし、同じような事を考えている方が居ましたら、

インパネ周りは窓映りも考慮し、暗い色をお勧めします。

 

施工面でも、グレーやブラックが粗が目立ちにくくお勧めです。