ヴィッツGRスポーツ”GR”ってどうなの?

ヴィッツGRスポーツ”GR”の購入を決めたフェルさんのお話です。

サーキットで走ってみませんか?

知ってるとは思いますが、サーキット走行って実は誰でも走れるんです。

意外と身近な存在だったりします。

最近の車は出来が良いので、タイムを狙わなければ十分楽しく走れます。

今乗っているヴィッツGRでも走る予定です。

自分が走り始めた理由

自分は過去、偶然友達が足回りをワンオフするからショップへ行こう!と誘われてお店に行ったのがきっかけでした。

そのショップの店員に、サーキット走ってみない?と声を掛けられ、走行会へ初めて参加しました。

走り出したら面白くて、そこからは、がっつり嵌ってしまいました。

 

サーキットの良い所

国際コース等は、それなりの敷居の高さがありますが、点在しているミニサーキットであれば、だれでも簡単に走る事が出来ます。

 メンテナンスがしっかり出来て居ればミニバン以外なら走る事が出来ます。一部、ミニバンでも走れる所もある様です。

やっぱり、走る為の場所なので、思った以上に安全です。クラッシュしても大きなケガをする事は少ない様に思います。

峠では腕を鍛えるのに限界があります。

時間が勿体ないので早々にサーキットで腕を磨くべきと思います。

 

サーキットの良くない所

場所が山の中とか、人里離れた場所に存在している事でしょうか。

地味に遠くて面倒な時もあります。

食料はコンビニで予め調達しておく事をお勧めします。その位、人の少ない場所に設置されているのが常です。騒音とかもあるし、仕方ないですね。

走行料金が一時間で5千円前後。高いと見るか・・・。

一番怖いのは、事故は全て自己責任。当てられても自己責任。もちろん単独でも自己責任。だれの責任にも出来ません。

そうそう、車両保険も使えません。

おっかねぇーw

 

まとめ

リスクもあるけど、走る場所だから概ね安全に走る事が出来ます。

無理はしない様に気を付けてください。

後ろから追いかけて来る車が居たら、その時は、さっと道を譲ってお先にどうぞが鉄則です。レースをしてる訳では無いので、追い抜かれても平気です(笑)周囲に気を配って、安全にサーキット走行を楽しんでみてください。

 

機会があればですけど、

読んでくれてる方と一緒に走れたら良いなと思います。

 

ヴィッツGRスポーツ“GR”の次期新型はどうなんだろう

ヴィッツの次期新型はどうなるのか予想してみました。

まず、ヴィッツの名前が消滅し、ヤリスと改名されるとの噂です。

グローバルに合わせて改名する流れの様です。

シャーシボデーは?

シャーシは待望の新型Bプラットホーム(TNGA化)組み合わされるエンジンは、新型エンジンが搭載される筈です。

トランスミッションもTNGA化されるので新型となり、新型のCプラットホームに搭載している物を流用するのかもしれません。

搭載されるとすればiMTの6速となる筈です。

拡幅され、3ナンバー化される可能性があると思います。ヴィッツGRでは、205サイズのタイヤを装着していますが、インナーの容量不足によりハンドルの切れ角は大幅に減らされています。

オーバーフェンダー化を行い、トレッドの拡大とハンドルの切れ角を確保する様な気がします。

 ※iMTとは、フリッピング機能を付加している新型のトランスミッションです。

 

サスペンション フロントストラット、リアトーションビームという一般的な構成のはずです。

 

搭載されるエンジンは?

GRモデルは恐らく、CH-Rやカローラに搭載されている1.2リッターターボが搭載となるのではないかと思います。

 

グレード構成は、

ベースグレードの1.0NA

ミドルグレードの1.0ターボ

HVグレードの1.5NA+HV

RSの1.5NA

 

RSは 1.5NAを新開発して搭載してくると思います。直噴化やバルブマチックを搭載し、115馬力とかそういう感じではないでしょうか。

新開発エンジンとシャシー軽量化に伴い、現行に比べて動力性能が一段改善されます。

 

ヴィッツGRは1.2ターボをブーストアップで搭載し、125馬力位を発生させるのではないでしょうか?これにより、ノーマルRSより一段上の性能を得る様になります。

 

まとめ

10年選手から最新に更新される訳ですので、

現行からの進化は凄いんじゃないかなーなんて思います。

特にGRは、クラス上のエンジン等を搭載して、ノーマルグレードとは明らかにスポーツ性が異なる様にしてくる筈です。

手間の掛かる持ち込み登録を廃止する事もあると思います。

GR用のグレードを設計から織り込みしてくるかもしれません。

 

いずれにしろ楽しみですね。

 

 

 

GRブランドがなんとなく割高な感じがする理由

GRブランドはコスパが悪い。

あの性能で、この金額を払うなら、別の車種がいい。

 

なーんて聞きます。

 

GRブランドの車種は、

GRスポーツ

GRスポーツ”GR”

GRスポーツ”GRMN”

と構成されており、GRスポーツは一般的なスポーツタイプ。

 GRスポーツ”GR”以降はチューニングカーとなっています。

 

実は工場のラインでは、工数(時間や設備)は限界があります。

なんでも取付や加工を追加できる訳ではありません。

 

 

通常の車両より手間を掛けている為、

ライン内で完成しないのがGRスポーツ”GR”以降のモデルです。

故に改造車扱いとなる訳です。

 

カタログ数値を上げる様な安易な手法ではなく、

玄人好みのボデーを鍛える方向へ舵を切っているのはすごい事だと思います。

 

安い肉で大盛牛丼と、良い肉やだしに拘った料亭の牛丼みたいなものかと。

どちらがGRを指しているかわかりますか?

 

料亭は言い過ぎかなw

 

ヴィッツGRスポーツ“GR”で使えそうなタイヤ フェデラル595RS-R

最近のアジアンタイヤは馬鹿には出来ない様です。

安くて、性能が良い物もあるのだとか。

ヴィッツGRは17インチサイズのホイルを履いているので、

タイヤのコストが半端ないので、安い!というのはかなりメリットがあります。

 

という訳で、アジアンタイヤを調べていたら、

フェデラル595RS-Rというタイヤが目に留まりました。

このタイヤなかなかグリップが高い様です。

 

でも・・・ヴィッツGRの標準サイズ205/45/17 のサイズ設定がありません。

215/45/17なら設定があるので、このサイズでも良いかもしれません。

リム幅も純正ホイルで対応出来そうです。

 

価格は¥13,000~¥15,000くらいです。

安いですね!

 

相変わらず、適当な性能表ですが・・・

グリップ★★★

静寂性 ★★

ウェット★★

コスパ ★★★

 

口コミでは、

すぐ熱垂れするとか、タイヤが減るとグリップの低下が大きい等の声があります。

買う時は安いけど、長持ちしない感じでしょうか。

一方でライフが長いという話もあります。

想像するに、熱で溶けやすいけど、溶かさなければ長持ちという所でしょうか。

 

たとえ、ライフが短めでも国産の半値ですからかなり魅力的なタイヤです。

普段はアジアンで練習!

勝ちたい走行会は、国産タイヤを入れて勝負!

という使い方も良いかもしれません。

 

もう少し、バランスが良いタイヤは無いものでしょうか?

ヴィッツGRスポーツ“GR”で使えそうなタイヤ DUNLOP DIREZZA ZIII

サーキット走ると必ず悩むのがタイヤ選び。

タイヤがすごく減りますから、お財布にすごく響きます。

 

ダンロップはどうでしょうか・・。

昔から良い印象がありませんが、最近は良くなったと聞きます。

そのスポーツラジアルが、DUNLOP DIREZZA ZIII。

 

概ね評価は良い様です。

絶対的なグリップはRE-71RやNEOVA-D08Rに若干劣る様ですが、価格が安くグリップ良く思ったより良いタイヤの様です。ライフも長めらしいです。

 

ヴィッツGRの標準サイズ205/45/17 実売は¥18,000~¥23,000位の様です。

NEOVAと同等か少し安い価格帯の様です。

 

グリップ★★★

静寂性 ★★★

ウェット★★

コスパ ★★★

 

過去、FM-901を使っていた事がありますが、良い印象がありませんでした。

タイヤの剛性は高い様に思いますが、グリップが低く怖いタイヤでした。

造りにも難があり、摩耗は無いのに一日の走行会でパターンが捲れてワイヤーが見えるとか・・・そんな事もありました。

 

怖いけど、今のダンロップなら検討の候補に入れても良いかもしれませんね。

ヴィッツGRスポーツ“GR”で使える ADVAN NEOVA AD08R

横浜ゴムのスポーツラジアル ADVAN NEOVA-AD08R。

昔は(いつだよ!)縦のPOTENZA 横のNEOVAとも称されましたが、例にもれず、

横剛グリップは高い様です。

 

ドレッドを小さくし、面を動かして発熱させる様になっている様です。

少し走ればグリップ力が出て来て直ぐに戦えるタイヤです。横方向への粘りがあり、唐突な動きも在りません。分かりやすい挙動で扱いやすさがあります。

直線グリップはPOTENZA RE-71Rより劣りますが、コーナリングADVAN NEOVAが少し上を行くそんな構図でしょうか。

絶対性能ではRE71-Rに劣る様ですが、

コントロール性はNEOVAの方が評判が良い様です。

 

ヴィッツGRの標準サイズ205/45/17の定価は分りませんでしたが、

 実売は¥18,000~¥23,000位の様です。

POTENZA RE71-Rより少し安い感じです。

 

グリップ★★★★

静寂性 ★★

ウェット★★★

コスパ ★★★

 

素直な挙動なので、扱いやすいタイヤみたいです。このタイヤなら限界まで攻めても大丈夫かも・・・。怖さが無いというか。

でも、NEOVAは左右非対称パターンだからローテーションが難しいところが悩みかな。

ヴィッツGRスポーツ“GR”で走るならこれ! POTENZA-RE71-R

サーキットユースで、

強力なドライグリップといえばこれですよね!

POTENZA-RE71-Rです。

 

スポーツラジアルの最高峰。ドライグリップは過去のセミスリックタイヤ並みの性能を誇ります。ウェット性能も、そこはラジアルタイヤなので、不満の無いレベルを確保している様です。良い時代です・・・。

 

これだけ、強力なグリップを誇りながら摩耗が少なく、ハイグリップタイヤとしては、長く使えると評価の高いタイヤです。

純正のPOTENZA-RE050が交換時期になったら検討したいタイヤです。

 

不満があるとすれば、その価格。

 

ヴィッツGRの標準サイズ205/45/17で一本 ¥39,204(定価税込み)

 

定価は、なかなかすごいお値段となっています。

とはいえ、市場価格は¥22,000~¥30,000位ですので、

純正のRE-050よりは実売価格で安く買えそうです。

 

グリップ★★★★

静寂性 ★★

ウェット★★

コスパ ★★★

 

サーキットユースなら、グリップ力が非常に高くて、

ライフも比較的長いので結果的にコスパに優れるオススメのタイヤです。

 

自分も替えるならこのタイヤと決めています!

お財布次第ですが・・・(笑)