スバルR1に乗ってます 

ヴィッツGRスポーツ”GR”を降りて、訳あってスバルR1に乗り換えました。今はスバルR1の2台目ベリーレッドのR1S-AWDとなりました。今後ともよろしくお願いいたします。

スバルR1S 神社?お寺?豊川稲荷へ行ってきました

今回、愛知県の豊川稲荷へ行ってきました。

稲荷というと、稲荷大明神(宇迦之御魂大神)を祭った神社を指します。

総本山は有名な伏見稲荷神社です。

 

豊川稲荷は日本三大稲荷として数えられますが、

実は稲荷神社ではありません。

 

”吒枳尼真天”ダキニシンテンをお祀りする妙厳寺というお寺です。

またの名を飯綱権現といい、キツネに跨る天女の姿であるとも言われています。

 

今回、新たにETCも付け、ナビ装備で、ドライブしてきました。

 

 

場所は豊橋の名古屋寄りの豊川市です。

東名高速道路で名古屋から1時間位の道のりです。

f:id:fellfell:20220117203804j:plain

スバル純正ナビ(ケンウッド)

途中で休憩を少々取ったりしながら向かいましたが、快適なドライブでした。

お目当ての豊川稲荷に到着です。

f:id:fellfell:20220117210507j:plain

豊川稲荷駅付近

豊川稲荷駅付近にはコインパーキングが多くあり、駐車には事欠きません。

一日500円の巨大な立体駐車(市営)もあるので、

駐車場探しで迷うという事は無いと思います。

豊川稲荷まで少し歩く必要はありますが、すごい遠い訳ではありません。

f:id:fellfell:20220117211002j:plain

参道のお狐様

参道にはこの様な焼き物?キツネが所々に設置されています。

触らなかったので、何製かわかりません汗

f:id:fellfell:20220117211354j:plain

賑やかな参道

ちょっとレトロを感じる参道がお寺まで伸びています。

この通りで、稲荷ずしやウナギを頂く事が出来ます。

個人的には、変わり種の稲荷ずしがお勧めです。

今日は、朝早く来たので、店は開いてません(汗)

f:id:fellfell:20220117211626j:plain

豊川稲荷 山門

参道を進むと大きな山門が見えてきます。豊川稲荷(妙厳寺)です。

お寺なので、鳥居はありません。

f:id:fellfell:20220117211902j:plain

豊川稲荷 鐘楼

立派な鐘楼もあります。でも・・・

f:id:fellfell:20220117212044j:plain

豊川稲荷 鳥居

鳥居もあります(笑)

奥に本堂も見えます。本堂では、護摩行が行われていました。

f:id:fellfell:20220117212521j:plain

豊川稲荷 本堂裏側

その本堂の裏側には、稲荷社へ通じる路地があり、紅白の旗が処狭しと並んでいます。

ここが豊川稲荷たる所以です。

お狐様も見えます。

f:id:fellfell:20220117212949j:plain

豊川稲荷 六角堂

この裏庭的な区画には、

所々にお堂があり、大黒天や弁財天等お祀りされています。

宝船の商売繁盛やお金の神様たちですね。

真言を唱えてお祈りすると願いが叶うそうです。

 

順路通り進むと、

f:id:fellfell:20220117213257j:plain

豊川稲荷 最深部

お狐様が並ぶ通りに出ます。稲荷社まであと少しです。

f:id:fellfell:20220117213757j:plain

豊川稲荷 お狐様

イケメンのお狐様を激写。

優しいお顔から凛々しいお狐様まで個性は様々の様です。

f:id:fellfell:20220117214024j:plain

豊川稲荷 霊狐塚

到着しました。

ものすごい数のお狐様が出迎えてくれます。

f:id:fellfell:20220117214213j:plain

豊川稲荷 お狐様

写真だとこの圧巻さは伝えきれません。

古来から狐は豊穣の神の使いとして崇められていました。

折角なので、仕事が上手く行く事をお祈りして帰途に就こうと思います。

「お仕事で評価されていっぱい給料が貰えますように・・・」

 

願いが叶ったら、お礼にお参りにまた訪れたいと思います。

(叶わなかったら行かないのか?という突っ込みは無しで(笑))

スバルR1S-AWDに乗り換えました。

f:id:fellfell:20211201214742j:plain

SグレードAWD

久しぶりの投稿となります。

車両の改造をしていましたが・・・

いろいろ超えられない壁があり、車両の更新となりました。

 

今回は、スバルR1のSグレードAWDです。

過給機付(スーパーチャージャー)の車両は1000台ちょっとしか生産されておらず、

AWDが半数近いという事らしいです。

 

そして、あえてハイオク仕様です。

買ってから、ガソリンの値段が急騰して焦ってます・・・。

ご存じの方も居るかもしれませんが、

R1の過給機付はモデル途中でレギュラー仕様に変更が行われています。

軽にハイオクというのはとても豪勢な話ですよね。

その為、最高出力64馬力こそ同じでも発生トルクが異なっています。

 

ハイオク仕様は・・・

トルクが10.5kg・m/3200rpm

 

レギュラー仕様は・・・

トルクが9.5kg・m/4000rpm

 

ハイオク仕様は、

最高トルク発生回転数が800rpm低く、1kg・mトルクが大きいのです。

最高出力は6000rpmで64馬力でハイオクとレギュラーに差はありません。

 

普段、どちらが乗りやすいか?と考えると、

低回転でのトルクに優れるハイオク仕様だったという訳です。

 

しかも、スバルR1イメージカラーのベリーレッド!これぞ、てんとう虫です。

STIロゴのレッドもベリーレッドだったと思います。

 

今後は、この新しい相棒と共にブログ書いていきます。

スバルR1.MOD1 インパネとAピラーを黒のアルカンターラ調にしました

最近のインパネは、ソフトパッドの使用や、革張りを行う等、プラスチック地肌というのは少なくなっています。地肌でも、シボ目が皮シボというのは旧型車の象徴です。

近年のシボは、柄シボで見た目にも面白い模様だったり、凝っている造形で安っぽさを感じさせません。

 

スバルR1は、皮シボで一番安っぽい造形を使用しています。

f:id:fellfell:20210927232938j:plain

インパネ皮シボ

車のプラスチックの定番シボ目です。

もう少し、高級感を出したいと思い、アルカンターラ調のシートを貼ってみました。

f:id:fellfell:20210927233847j:plain

アルカンターラ調ブラック

如何でしょうか。

一瞬、お?ってなりますね。やっぱり黒が映えます。

ピンクが鮮やかに見えます。スバルが内装を黒にしなかったのは何故でしょうね。

定番のグレーやアイボリーという扱い易い中間色にしてしまったのは残念です。

 

今後はドアトリムもアルカンターラ調シートを貼ります。

ただ、色はグレーにして変化を付けたいと思います。

 

一色で統一するのも良いのですが、色に変化があった方が面白いと思います。

もし、同じような事を考えている方が居ましたら、

インパネ周りは窓映りも考慮し、暗い色をお勧めします。

 

施工面でも、グレーやブラックが粗が目立ちにくくお勧めです。

スバルR1.MOD1 シートベルトバックル着色しました

今回は、シートベルトのバックル押しボタンの着色です。

スバルR1では多くの車が、白く変色しているのではないでしょうか。

f:id:fellfell:20210904235545j:plain

白く変色したシートバックル

今回は、これを蘇らせたいと思います。

そのアイテムは・・・

f:id:fellfell:20210904235709j:plain

赤マジックインキ

赤色の油性ペンです。

100円均一で購入した物になります。

綺麗に赤色に復活してくれると嬉しいのですが。

 

塗ってみると、意外と斑になりますね。重ね塗りをして、なるべく厚く塗ります。

上手くいくでしょうか・・・

f:id:fellfell:20210905000023j:plain

復活したシートベルトバックル

思ったより発色は普通です。

100円と思えば、むしろ効果抜群です。

流石に傷までは埋まりませんので、質感は限界でしょう。

 

とはいえ、油性マジック恐るべし。

スバルR1.MOD1 岡崎城へ行ってきました

徳川家康のお城、岡崎城へドライブしてきました。

 

f:id:fellfell:20210829094525j:plain

岡崎公園前駅 ロータリー駐車場

休日でも空きのある穴場的な駐車場です。

ここに駐車して、公園まで歩いて向かいたいと思います。

f:id:fellfell:20210829095412j:plain

スバルR1

お城は公園になっています。

ここから歩いて10分くらいの場所になります。それでは向います。

f:id:fellfell:20210829095756j:plain

住宅地の中

住宅地の中を少しあるいて行くと、橋が見えてきます。

この橋は堀を渡る橋です。

橋の先には藤の棚が見えます。

この道は恐らく、昔からあったお城へ続く道だったのではないでしょうか。

f:id:fellfell:20210829100253j:plain

岡崎城

到着しました。

岡崎城の周りは堀で囲まれています。

城郭は模擬天守ですので、コンクリート製です。雰囲気を楽しむ為のものですね。

f:id:fellfell:20210829100557j:plain

堀を渡る赤い橋

この橋を渡ると、天守閣まであと少しです。

正面に見えている建物は龍城(たつき)神社です。

f:id:fellfell:20210829100906j:plain

岡崎城 天守閣

中は博物館になっています。

何度か見たことがあるので、今日は外から眺めるだけです。

 

丁度、隣に建つ龍城神社からタイミングよく祝詞が聞こえてきました。

これは神様から歓迎されている証拠なのだとか。

お城の創建時に現れた龍神に由来があるそうです。開運の神様だとか。

ありがたく、お参りして神社を後にします。

 

f:id:fellfell:20210829101813j:plain

葵松庵・城南亭

目的の抹茶です。

ここは、豊田産の抹茶と、西尾産の抹茶を選択する事ができます。

和菓子も2種類あり、こちらも選択式です。

 

そして、土日限定!

f:id:fellfell:20210829102239j:plain

家康ロールと抹茶

家康ロールです。

ふんわりしたロールケーキに、葵のご門を抹茶パウダーで表現したお菓子です。

本当にやわらかいロールケーキなので、一度、食べてみてください。

 

という訳で、岡崎城へ行ってきましたでした。

 

岡崎公園には、家康館という施設もあり、岡崎城の変遷、家康の生涯などの歴史を学ぶこともできます。お城の入場券と合わせて500円です。

ぜひ、ご観覧してみてください。

スバルR1.MOD1 カーショップ・ジェームスへ行ってきました

実は塗装に濁りが出てしまいました。

f:id:fellfell:20210823193348j:plain

塗装の濁り

写真の中央、見えますでしょうか?

実は、パーツクリーナーが付いてしまいました。悲惨。

コンパウンドで磨く事も考えましたが、Keeperコートしているので、剥がれてしまうと思われます。もう剥がれているかもしれませんが・・・

 

そんな訳で、

コンパウンド無しで艶が出て、長持ちするアイテムを探しに近所のカーショップ・ジェームスへ探しに行ってきました。

f:id:fellfell:20210823194540j:plain

ジェームス

洗車用品コーナーやワックス、コーティングコーナーを中心に確認。

ワックスは耐久性が短いし、日差しが強いと焼けちゃうんですよね・・・。

 

特に、コンパウンド入りの艶出し剤は品揃えが豊富でした。

塗装表面の凸凹を慣らして、残った溝を埋めるって感じの商品です。

 

樹脂用の黒色復活剤も豊富でした。

本当に効くんでしょうか?カウル等真っ白なので、ゆくゆくは塗装しようと考えているのですが。

 

広いとは言えない店内ですが、

エーモンの商品や、洗車用品、カップホルダー系良い物が揃ってます。

オーディオ関連は少なめですね。

最近は純正でも高級ブランド使ってたりしますから・・需要が少ないんでしょうかね。

 

一通り、物色してきました。

 

で、

今回、購入したのがこちら

f:id:fellfell:20210823195550j:plain

艶出し

コーティングもOK、ノーコンパウンド!

まさにこれだ!って商品でした。速、購入。

 

早速、試したい所ですが、天気が怪しいので、

天気が大丈夫そうな日に使ってみようと思います。

 

スバルR1.MOD1 オートライトを取付しました

オートライトも2020年4月から義務化されました。

現在、販売されている新車は全てオートライトが装備されています。

 

スバルR1も負ける訳には行きません。

同様にオートライトを取付しました。キットは汎用のものです。

 

思ったよりも簡単で、ライトスイッチ周りの配線4本に割り込ませるだけでした。

後は、センサーをインパネの上に設置して完了です。

f:id:fellfell:20210822191146j:plain

インパネの照度センサー

ちょっと不格好なセンサーですが、しばらくして慣れました。

壊れず長持ちしてくれる事を祈ります。

 

言い忘れましたが、レバーOFFの位置で使います。

イグニッションONでオートライトの機能が有効になります。

機能を切りたい場合は、別途スイッチを取り付ける必要があります。

説明書にやり方は書いてあるので作業は難しくはありません。

 

このスバルR1はスイッチは付けていません。

今までもオートライト付きの車を乗っていましたが、AUTOからレバーを動かすことは殆どありませんでした。

オートハイビームは切っていましたけど・・。

 

ライトの付け忘れや消し忘れが5000円位で防げるなら安いかなと思います。

バッテリー上げてしまうと交換に費用が掛かりますし、

無灯火で事故してはどうにもなりません。

 

スバルR1の様にオートライト機能が無い車でも、

多くの車は後付けできる事があります。