ヴィッツGRスポーツ”GR”ってどうなの?→スバルR1ってどうなの?

ヴィッツGRスポーツ”GR”を降りて、スバルR1に乗り換えたフェルさんのお話です。

残念ながらヴィッツGRスポーツ”GR”を降りました・・。

久しぶりの更新です。

 

この度、ブログのタイトルだったヴィッツGRを降りる事になりました。

ヤリスGRへの乗り換えでもありません。

親が免許を返納するに当たり、思入れのある車を乗り継いで欲しいとの事で、

しばらく、軽自動車に乗る事になりました。

 

車はスバルのR1という車です。

とても、マイナーな車で、軽でありながら3ドアハッチバックのスタイルを持ち、スポーツ性ではなく、デザイン性重視で作られた車でした。

デザインは有名なイタリアのデザイナーさんがデザイン担当したのだとか・・・。

 

直列4気筒 可変バルブのエンジンを持ち、軽自動車では珍しい、4輪独立懸架というトール型ワゴン主体の軽自動車界でも異彩を放つ存在です。

 

とはいえ、古い車なので近代化を計りながら乗り継ぐ予定です。

 

ほんと、ヴィッツGRは乗りやすく、車両剛性、サスペンション、装備、車両のサイズと全てが丁度よい車でした。

ヤリスは確かに性能も驚異的ですし、スタイルもなかなか。

3ドアというのも魅力です。利便性は落ちますが・・・。

そんな車両のお値段はやっぱり軽く400万円オーバーで、気軽に乗る車では無いかなと思いますし、量産化された為、希少な存在では無くなってしまいました。

 

お手軽な1.5LのFFはCVTのみとなり、

ちょっと残念なグレード構成となってしまいました。

 

今後は、R1の近代化とか記事に出来たら良いなと思っています。

 

ヴィッツGR良い車なので、

これから車を買う方は選択肢に入れて見ては如何でしょうか?

グレードはもちろんスポーツ”GR”がおすすめです。

装備面やザックスダンパー、LSD装備等値段以上の価値があります。

 

是非、ご検討くださいませ。