ヴィッツGRスポーツ”GR”ってどうなの?

ヴィッツGRスポーツ”GR”の購入を決めたフェルさんのお話です。

ヴィッツGRスポーツ”GR”って乗り易い

もう、新車のドキドキも薄れてしまっております

 

普段なら、新しい車は慣れるのに時間が掛かる所ですが、

納車されてからちょっとで、違和感なく乗れています。

 

ヴィッツって乗り易い車です。

設計が古い所は否めませんが、装備十分で問題ありません。

 

色々な所で、パワーが無いって言われますが、普段乗りに十分な動力性能で、

トヨタらしい無難なところに纏まっています。

荒すぎず、大人し過ぎず。中途半端?(笑)

 

ヴィッツレースを見れば分かりますが、素のヴィッツはやれば出来る子です。

ヴィッツGRはきっともう少し、出来る子なはずです。

 

内装は安っぽい所はありますが、シートの出来が良いです。

表皮も手触りが良く、クッションも厚い良いシートに仕上がっています。

ヘッドレストも後頭部へソフト触感があり、硬く無くて意外と良い感じ。

なかなかやりますね。ワンクラス上くらいのシートになっています。

拘りを感じます。

 

あと、驚いたのは、思った以上に、ヒール・トゥがやり易い。

足を蟹股にしなくてもアクセルに足が届き、ブレーキペダルは右足の直線上にあるので、踏みやすい。

これはなかなか。意図的に狙ってますね。

これは、Gsの時はどうだったのだろうか・・。

 

纏めると、

すごい性能が良いって車じゃないけど・・・

峠道ぐらいなら全然走れるし、

 

また、ボデーが小さいので、車両間隔が掴みやすく、

それでいて、直進性が良く安定性があるので、街中~長距離どこでも楽々走れます。

自分は毎週ドライブを楽しんでいますが、快適です。

 

ただ、見た目より旋回半径が大きい為、バックでの車庫入れが難しい部分があります。

結構前に出た位置からハンドルを切り始める必要があります。

慣れもあると思いますが、バックモニターは付けた方が良いかもしれません。

 

とはいえ、実際は小さい車なので、すごく困るという事はありません。

自分も違和感があるだけで、困っているという程ではありません。

 

車庫入れの感じとか、ドライブが快適そうか、

是非、試乗してチェックしてみてください。